リフォームコラム 塗装工事の工程 中塗り・上塗りについて

屋根と外壁は下塗りをした後に、中塗りと上塗り(一般的に塗料と言われているものを塗って色をつける)を行います。中塗り・上塗りをする事でお家の美観を維持して、防水効果を向上させるのが目的です。この工程を1つでも省いたり、塗り不足があると、仕上がりに塗りムラが出来たり、塗料の耐久性が損なわれたりする原因になります。塗料は水性型と溶剤型で耐久性が異なるので、優れた塗料を選ぶ事が後々のメンテナンスの費用を減らす事になります。

Posted on: 2018年11月28日, by :