塗装工事

屋根外壁塗装リフォーム

家の屋根・外壁は日頃砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続けています。実は毎日かなりの負担を強いられていて頑張っています。

大事なお住まいを、少しでも長持ちさせる為に屋根・外壁の塗り替えは大切なメンテナンスとなります。

塗り替えが必要な理由

①塗装は防水工事

建物の外壁には、主にモルタルコンクリートサイディングALC板などの素材が使われており、付帯部分には金属・木材が多く使われております。これらのどの素材も水に弱く、塗料で防水保護をしないとサビや腐食などを起こし物自体の寿命を大きく縮めてしまいます。

建物の寿命を延ばす為には外部の防水効果を高めて、内部への雨や湿気の侵入を防ぐ必要があります。

②塗装は美観

汚れが付着して色あせた屋根・外壁を塗装する事により、鮮やかな色に再生する事が出来ます。

また、屋根・外壁の色を替えることで家の雰囲気がかなり変わり綺麗になるので資産価値も高まります。

塗り替えをしないデメリットとは?

屋根・外壁の塗装時期の目安は、おおよそ10年ごとと言われてます。
ところが費用の問題や色々と忙しいからという理由で放置していると様々な問題が発生してきます。

屋根・外壁の耐久性

見た目では分かりにくいですが、屋根・外壁の耐久性はどんな立派な家も必ず落ちます。何十年もメンテナンスがいらない家など存在しません。

塗料は湿気、雨、風、などの刺激から365日休みなく家を守っています。

当然、塗料は少しずつ経年劣化していきます。

では、塗装の耐久性が無くなるとどういう事が起きるのでしょうか?

  1. 防水効果の低下
    塗料の耐久性が落ちると、雨、湿気をはじく事が出来ません。
  2. ひび割れが起きる
    塗料が剥がれてきて耐久性が無くなると、ひび割れを起こします。
    厚いセメント瓦でも長年塗装してないと簡単に割れますし、外壁がひび割れてくると内部に雨、湿気が染み込んで木材部分の腐食が起こります。
  3. 屋根・外壁の強度低下
    屋根・外壁のセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失います。
  4. 雨漏り
    屋根・外壁が劣化してひび割れが起こると、そのうち雨や湿気の侵入を
    防げなくなり雨漏りがします。

上記のような症状を放っておいた結果、瓦の交換や外壁の補修、もしくは屋根・外壁全体の大がかりなリフォーム、室内であれば天井やクロスの張替など工事箇所が増えてどんどん費用が多くかかるようになります。

塗り替えのタイミング

塗り替えのタイミングの一般的な目安として以下のポイントがあります。

  • 屋根・外壁の色褪せや汚れ(コケ・カビ・ほこりなど)の付着。
  • 外壁のチョーキング(触ったら白い粉が手につく)
  • サイディングの目地のひび割れ
  • 外壁のクラック(ひび割れ)が目立つ
  • 塗膜の膨れや剥がれている部分がある
  • サビや腐食がある

これらの症状が出たら塗り替えのサインです。放置しておくと、どんどん痛みや劣化が酷くなっていきますので、塗り替えをお薦めします。

耐久年数で塗料の価格が違う

いろんな塗料メーカーがいろんな商品を販売していますが、塗り替えの時に弊社がお薦めしているのが、主に3種類の塗料になります。

シリコン塗装

耐久年数10~12年 1900~2300円/㎡
品質に対して耐久年数と価格のバランスが良く、6~7割のお家が選ばれるポピュラーな塗料です。特別な機能を求めない方には最適な塗料と言えます。

フッ素塗装

耐久年数15~20年 2700円/㎡〜
塗膜の寿命が非常に長く耐候性は他の塗料に比べて群を抜いているので、ツヤや光沢が長期間持続します。また塗膜表面の摩擦が極めて少ない為、汚れがつきにくいのも特徴です。歯磨き粉やフライパンなど様々な日用品に応用されています。レインボーブリッジや東京スカイツリーなどの大規模な建造物もフッ素塗料が使用されています。

ハイブリッド塗装

耐久年数20~25年 3100円/㎡~
フッ素と無機成分(炭素を含まない化合物・ガラスのような物)を融合させた最新の塗料です。現時点では耐久性でハイブリッド塗料に勝る塗料はありません。フッ素以上の耐候性・低汚染性があります。非常に高価な塗料になりますが、紫外線や雨、塩害など過酷な気候条件に強いという大きなメリットがあり超長期間にわたって建築物の美観を保つ事で、メンテナンス回数を減らし、トータルコスト削減に貢献します。(詳細はこちら

価格が高く耐久性の良い順にハイブリッド・フッ素・シリコンとなります。
他にも機能性を重視した光触媒塗料(自然の力で汚れを落とす事が出来る)やガイナ(遮熱・断熱・防音効果がある)などがあります。

さらに塗料は水性型と溶剤型・一液型と二液型に分かれます。
一般的には水性より溶剤の方が耐久性が良く、二液より一液の方が経済的だと言われてますが、多くのハウスメーカーやリフォーム会社が水性の一液型の塗料を使ってる事が多いようです。

どの塗料も下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本です。
3回塗らないと塗料メーカーが定めた耐久性をきちんと発揮出来ません。

塗料の耐久性や作業工程は納得出来るまで話を聞きましょう。
中途半端な説明での契約はトラブルの元です。

下塗り剤は屋根瓦や外壁の種類に適した密着のよい物を使用します。
下塗り剤の選択を誤ると塗料メーカーが定めた耐久性を発揮しない場合があります。

屋根・外壁の色は基本的に塗料メーカーの色見本から選びます。
会社によってはパソコンで作成したカラーシュミレーションを使用する場合がありますが、日光の反射などで実際の色と違う場合があります。色見本を日光に当てて見ながら検討するのがいいでしょう。

色見本

塗装工事の工程

外壁や屋根の塗り替えの工事期間は天候次第で変わりますが、概ね2週間前後になります。

まず、工事前に必ず近隣へごあいさつ回りをし、塗料などの飛散防止ネットをしっかり足場に張ります。

屋根外壁塗装の流れ

塗装工程

よくある質問

Q1.塗り替えの時期の目安について

A1.周辺環境により劣化状況が変わりますが、一般的には鉄部・木部で5年、外壁で8~10年が目安となります。外壁のひび割れ、鉄部のさびの発生などが現れたら、早めの塗り替えをお勧めします。そのまま放置していると傷んだ下地の補修費用がかさみ、塗り替えにかえって多額の費用がかかってしまいます。

Q2.塗り替えに適した季節について

A2.気温が5℃以下になる場合を除き、年間通じて塗り替え可能です。ただし、降雨、降雪時は施工を避けなければなりませんので、一般的に気候がおだやかな春期・秋期の施工が多い様です。

Q3.塗り替え工事期間について

A3.工期は塗り替え工事の規模、使用材料等により異なりますが、標準的な戸建て住宅で平均1~2週間前後です。また、天候により工期が延びたことで、費用には殆ど影響しません。

Q4.臭気や騒音等による近隣からの苦情について

A4.最近では環境問題への配慮から低臭タイプの弱溶剤型塗料や水性塗料の使用が増えていますので、あまり心配する必要はありません。ただし、まったく苦情がないとは言えませんので、近隣に予め工事日程などをお知らせすることが得策です。

Q5.塗料の飛散による近隣からの苦情について

A5.飛散防止ネット等で事前に養生をしっかりと行いますので、ご安心ください。

Q6.塗料の耐用年数について

A6.使用する塗料の種類、周辺環境により異なりますが、一般的には木部・鉄部は5年、外壁はアクリル系塗料で3~5年、ウレタン系塗料で7~8年、シリコン系塗料で10~12年、フッ素塗料15~20年、ハイブリッド塗料20年~25年と言われています。

Q7.塗料の選定について

A7.上記のとおり耐用年数の高い材料を選定すれば、イニシャルコストは少し高くつくものの、塗り替えのサイクルが延びるため、最終的には割安になります。

Q8.塗り替え費用の内訳について

A8 .足場+高圧洗浄+ひび割れ補強+塗料+人件費+清掃を合計したものが見積もり金額となります。

Q9.色の選定について

A9.標準色を設定していますが、基本的に色は自由に選んで頂けます。

Q10. 塗り替え費用の相場について

A10.塗装工事の費用には定価がなくて、会社により金額がまちまちなのでわかりにくいですが、ある程度の相場はあります。
シリコン塗装・30坪で100万前後、40坪で120~130万ぐらいが相場だと言われています。

料金表

外壁塗装(付帯塗装・高圧洗浄・養生費・足場代含む)

 シリコン塗装
耐久年数10~12年
保証期間5年
フッ素塗装
耐久年数15~20年
保証期間7年
ハイブリッド塗装
耐久年数20~25年
保証期間10年
30坪66万81万88万
40坪75万92万100万
50坪82万101万109万

屋根塗装

 シリコン塗装
耐久年数10~12年
保証期間5年
フッ素塗装
耐久年数15~20年
保証期間7年
ハイブリッド塗装
耐久年数20~25年
保証期間10年
30坪20万26万29万
40坪25万33万37万
50坪30万40万45万

※金額は目安です。お見積りを作成するには、事前に現場調査が必要になります。(弊社の外壁診断士が調査致します)

※外壁診断士とは?

一般社団法人 全国住宅外壁診断士協会が認定した外壁の専門的な知識を習得し、依頼者に公正なアドバイスや提案ができるプロフェッショナルです。

全国住宅外壁診断士協会

リフォームローン使えます!

電話番号096-385-7575